Home

女性医師の増加と医師不足

女性医師女性医師は増加していると言われていますが、その割には医師不足となっている現状です。女性医師の需要が高まってきていることで増加傾向にあるのですが、せっかく医師の資格を取得しても、長く医療現場に携わることができないという環境がネックとなっています。

女性の場合、結婚や出産という人生設計が仕事に大きく影響してしまうからです。出産や育児によって、思うように働けなくなることがあります。特に医師という立場になってしまうと、患者相手の仕事となることから、一般的な仕事よりも休むことができにくくなってしまいます。そこで、家庭を優先するために退職せざるを得ないという環境が問題視されているというわけです。

医師不足を改善させるためには、女性医師を育てる環境づくりが重要と鳴ってきます。ブランクがあっても職場復帰しやすい研修を行ったり、託児所付きの医療現場を用意したりといったことなどです。

このような配慮によって、今後は女性医師が安心して働ける現場が増えていくと期待できます。

女性医師が働きやすくなるように、支援策が増えている

出産や育児によって、女性医師はなかなか職場復帰できないという環境になっています。しかし、このままでは医師不足が進んでしまうため、最近は、女性医師が働きやすくなるようば支援策を打ち出す医療現場が増えてきているのです。

例えば、育児中の女性医師のために、託児所付きの医療現場を設けるというところがあります。仕事場のすぐ近くに預けられるという点が魅力的ですし、何よりも安心です。

しかも、延長保育が可能となっていることも多く、これなら一般的な保育所よりも気兼ねなく子どもを預けることができます。医師という仕事は時間に不規則です。だからこそ、延長保育をしてくれる託児所があれば、思うように仕事に打ち込むことができます。

また、保育園や幼稚園などに送迎してくれる制度を設けているところもあります。保育園や幼稚園に通っている子どもが居る場合、送迎は親の担当です。そんな手間を請け負ってくれる制度があれば、これもまた女性医師にとって助かります。

仕事と家庭を両立するためには周りの理解が必要

女性が働くためには、家族の理解が必要です。特に、女性医師ともなると、家族の理解なくして仕事と家庭を両立することはできにくいものです。

まず、家族はチームであると思うことが大切です。みんなが協力することになります。妻が家事全般を行わなくてはいけないというのではなく、たまには夫や子どもも分担して行ってもいいはずです。そのためには、あらかじめ誰が何を担当するのか、じっくりと家族で話し合っておくことが必要です。

また、仕事をするのなら、しっかりと目標や目的を持つことが大事です。仕事にやりがいを持ち、その夢なども家族に話しておきます。そうすれば、家族も自然と応援して協力してくれるはずです。

そして、コミュニケーションをとるようにします。やってもらいっぱなしではなく、感謝の気持ちも時には伝えることが大事です。意見があるのなら我慢せず、ハッキリ言うようにします。衝突することも大事なことです。ぶつかり合いながら成長し、家族の絆が深まることもあります。